【元祖オーガニックコスメ】日本古来の美容法

「色の白いは七難隠す」。肌の色が白いことは、他の欠点を補うということわざです。
「美白」という言葉に表されるように、かねてから日本人女性の肌に関する美意識の高さは、注目すべきものがあります。

また、グローバルな視点からも、「日本女性の肌の美しさは世界一」との声も高く、その歴史や美容法にも関心が集まっています。

今回は、そんな私たち日本女性の肌の秘密と、日本古来よりの美容法についてお話し致しましょう。

★日本人の肌の秘密
では何故、そのような美しさを保つことが出来るのでしょうか。その秘密の一つは、「角質層が薄く、真皮層が厚い」という点にあります。

角質層の薄さはキメの細かさにつながり、真皮層の厚さは肌にハリと潤いをもたらしています。

反面、ピーリングなどの刺激に弱く、肌が荒れやすかったり、傷が出来た場合、修復のため真皮よりコラーゲンが過剰に出過ぎてしまい、ケロイド状になりやすいという欠点があります。

このように、日本人の肌は固有の特徴を持っているため、それに合ったスキンケアが必要です。

★天然素材のコスメ
それでは、日本女性はどのようにして肌のケアをしていたのでしょうか。古くから愛用されてきた素材は以下の通りです。

・米ぬか
米ぬかとは、玄米を白米へ精米する際に出る外皮の胚芽の部分のことを言います。通常捨てられる部分ですが、実は栄養素が豊富なことでよく知られています。

ビタミンB1、B2、ビタミンE、ナイアシン、ミネラルなどが含有されており、くすみを除去し、肌に潤いを与えます。

米ぬか由来の洗顔料などもありますが、米ぬかをお湯で溶かしたものでマッサージすると、しっとりとした肌になりおすすめです。

・紫根(しこん)
紫根は、「ムラサキ」という植物の根の部分です。紫根から抽出したエキスは、古来よりやけどや傷などの万能薬としても使用されていました。

近年の研究で、美白効果、シミの除去、新陳代謝の促進などにも効果があることがわかりました。

紫根エキスは、自宅で抽出することが手間なので、市販の商品を使ったほうが無難です。

・へちま
へちまは、インド原産のウリ科の植物です。へちまの主な栄養素はヘチマサポニン、硝酸カリウム、ペクチンで、日焼け後の手当や、ひび、あかぎれの治癒、保湿に効果があります。

市販のものの中では、へちま化粧水が人気です。比較的安価で手に取りやすいことも、人気の理由ではないでしょうか。

★国産オーガニックコスメについて
最後に、国産オーガニックコスメについてお話し致します。日本では、農薬などの化学合成成分を使用せず、有機栽培された植物で作られたものをオーガニックコスメと呼んでいます。

化学的なものが入っていないため、肌に優しく、敏感肌の人でも安心して使うことができます。

日本古来の美容法で、健やかな肌を手に入れましょう。

コメントは受け付けていません。