インナードライってなに?

「肌がテカテカしているから保湿は必要ない」と思っていませんか?
実は、テカりはインナードライの危険信号でもあるんですよ。

そうとも知らずに間違ったスキンケアを続けていると、肌はボロボロになってしまいます。

そこで今回は、多くの人が間違ったスキンケアに陥りやすいインナードライとはどういう状態なのかをお伝えします。

★潤っているように見えるのは勘違い?!
肌がテカったりベタベタしていると、見た目には潤っているように見えますよね。
しかし、テカりと潤いは全くの別物です。

水分の多さはテカりなどでは現れず、肌を触ったときのしっとり感やハリ、弾力、透明感として現れます。
オイリー肌の方のようにテカっているけれど肌がしっとりして水分もたっぷりある方もいます。

しかし、テカっている方の中には、水分が枯渇して肌にハリがない方がたくさんいるんですよ。

★テカるのに乾燥しているインナードライとは?

肌にハリがないのにすぐにテカるという方に多いのが、インナードライという状態です。
インナードライとは、肌の表面は皮脂がたっぷり出ているのに、肌の中はスカスカに乾燥した砂漠状態になっていることです。

皮脂は、肌の表面に分泌されて肌をコーティングし、肌の中の水分が出ていかないように守ってくれています。
そのため、乾燥を感じると肌を守るために皮脂の分泌が促されます。

つまり、皮脂がせっせと出るということは、肌が「これ以上水分を出しちゃいけない!」と焦っている証拠なのです。

肌が乾燥するほど、皮脂はたくさん出て見た目にはテカテカになります。
そこで潤っていると勘違いして、肌から水分を奪ってしまうケアすると、インナードライは悪化の一途を辿ってしまうのです。

★インナードライは肌が崩れている状態

それでは、どうしてインナードライでは、肌の中がスカスカに乾いてしまうのでしょうか?

これは、単なる空気の乾燥だけが問題ではありません。
実は、インナードライでは肌の細胞がガタガタに崩れて隙間だらけの状態になっているんですよ。

この隙間から水分がどんどん逃げていってしまうのです。

★インナードライの肌はトラブルを起こしやすい
インナードライは放置していると、様々な肌トラブルを引き起こすようになります。

前述した通り、インナードライの肌は、隙間だらけになっています。
隙間が多いと、水分が出やすいだけではなく、肌にとって刺激になる有害な物質が入り込みやすくなります。
すると、肌に炎症が起き、ニキビなどができやすくなってしまうんですよ。

また、肌の内部の乾燥が進行すると、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーの力が低下します。

ターンオーバーが正常に行われなくなることで、さらに肌は乾燥し、シミやシワ、たるみ、くすみなど美容の天敵となるトラブルがぞくぞくと現れてくるんですよ。

★インナードライは早めの対策がカギ

放置していると、インナードライは肌をボロボロにしてしまいます。
そのため、インナードライを感じたときは、早めの対策が重要です。
早くに正しい対策を行うと、インナードライは改善しやすいんですよ。

 今すぐ確認!あなたのインナードライ度チェック

インナードライは、肌の構造が壊れて水分が流れでやすくなってしまっている状態です。
そのため、早くにインナードライ用のケアをすることが大切です。

しかし、インナードライは、皮脂が多く出るため、乾燥に気づきにくいという困った特徴があります。

そこで今回は、インナードライを早期発見するために、「スキンケア」「生活」「肌」の3つカテゴリーにおけるチェックリストをご紹介します。

★インナードライチェックリスト スキンケア編
インナードライで肌の内部が乾燥してしまうのは、間違ったスキンケアで肌が傷ついている証拠です。
まずは、間違ったスキンケアをしていないか確認してみましょう。

・顔を1日2回以上洗う
・シャワー中にそのままシャワーで顔を洗う
・汚れをとるためにクレンジングを長く行っている
・石けんは泡立ちにくいので十分に泡立てずに洗顔している
・皮脂を落とすためにゴシゴシ洗顔している
・ベタベタするケアが嫌い
・ピーリングなどを週に1回以上頻繁に行う
・化粧水だけつけてクリームや乳液は使わない
・すぐにテカるので脂取り紙をよく使う

上記に当てはまるケアを1つでも行っていれば、肌が傷つき乾燥しやすくなっている可能性があります。
インナードライの方に多いのが、間違った洗顔とクレンジングです。
皮脂をとることをばかり考えたケアでは、肌の乾燥が進み、より皮脂が出やすくなってしまいます。

★インナードライチェックリスト 生活編
インナードライは生活も大きく影響してきます。
インナードライになりやすい生活は、以下のようなものが挙げられます。

・1日の大半を冷房の効いた場所で過ごしている
・外回りの仕事など紫外線に当たる時間が長い
・日焼け止めを塗るのをよく忘れる
・睡眠不足が続いている
・ストレスが多い
・昼夜逆転した生活をしている
・喫煙や飲酒習慣がある
・偏った食事をしている

インナードライは、ターンオーバーが乱れることで起きやすくなります。
上記に示したのは、ターンオーバーが乱れやすい生活習慣なので、心当たりのある方は注意しましょう。

★インナードライチェックリスト 肌編
最後に肌の状態でインナードライかどうかチェックしてみましょう。

・肌にハリがなく、よく見ると細かいシワが多い
・にきびがよくできる
・洗顔すると顔がつっぱったりヒリヒリする
・しかし洗顔してからしばらく経つと皮脂が出てテカる
・毛穴が開いている
・肌のキメが粗い
・毛穴の黒ずみが気になる

特に注意が必要なのは、いつもは皮脂でベタベタしているのに、洗顔後はつっぱり感を感じる方です。
普段は皮脂の多さが目立つけれど生活の端々に乾燥を感じるという方は、インナードライを疑いましょう。

 オイリー肌とインナードライ肌の違い

インナードライのケアで気をつけなければならないのが、オイリー肌のケアと同じケアをしてはいけないということです。

実は、オイリー肌とインナードライ肌はよく似ていますが、肌の状態やケア方法が全く違うんですよ。

そこで今回は、オイリー肌とインナードライ肌の違いと見極め方についてお伝えします。

★肌のタイプは油分の量と水分の量で分けられる
肌のタイプは、油分の量と水分の量で分けられます。

油分の量とは、皮脂の分泌量のことを指し、皮脂が出やすいかどうかで判定します。

一方、水分量とは、肌の内部の水分を逃さずに蓄える力のことを指します。
保湿力の高い潤った肌ほど、トラブルや刺激に強くなるんですよ。

★オイリー肌は油分も水分も多い状態
オイリー肌とは、脂性肌のことです。
油分である皮脂が多く、テカテカしていたり、毛穴が目立ちやすいのが特徴です。

また、オイリー肌は、肌の内部の水分もたっぷりあり、保湿能力の高い肌でもあります。
そのため、シワが少なく、肌にはハリがあります。
外からの刺激に強いのもオイリー肌の特徴です。

オイリー肌の場合、皮脂を増やさないケアが必要ですので、油分を化粧品で与えすぎず、さっぱりめのスキンケアで皮脂のバランスを取ることが重要です。

★インナードライ肌は油分が多く水分が少ない状態
インナードライ肌は、オイリー肌と同様に皮脂が多く出てきます。
そのため、テカりやすかったり毛穴が開きやすかったりするのは、オイリー肌と同じです。

一方で、オイリー肌との違いは水分量です。
インナードライ肌では、肌の水分が逃げやすくなっており、保湿力が低下した状態で水分量が少ないのです。

肌の内部の水分量が少ないことで、オイリー肌とは逆にハリがなく、シワができやすいのが特徴です。

インナードライ肌の場合、皮脂を取りすぎず、肌を保湿するケアが必要です。

★オイリー肌とインナードライ肌の簡単な見分け方

オイリー肌とインナードライ肌を見分けるためには、以下の方法が効果的です。

方法1 洗顔後の肌の状態を観察する
洗顔をした後、肌の状態に注意してみてください。

洗顔後、つっぱり感などを感じず、すぐに皮脂が浮いて来る場合はオイリー肌である可能性が高いです。

一方で、洗顔後肌がつっぱり、しばらくしてから皮脂が浮いて来る場合はインナードライを疑いましょう。

方法2 シワやハリの状態を観察する
オイリー肌はハリがあり、シワができにくいという特徴があります。
一方、インナードライ肌では、ハリがなくシワができやすくなります。

つまり、肌の状態を見て、ハリのなさや細かいシワがある場合は、インナードライ肌を疑ってみましょう。

★オイリー肌のケアがインナードライを悪化させる
オイリー肌とインナードライ肌は似て非なるものです。
本当はインナードライなのに、オイリー肌のケアを続けると、肌の乾燥が悪化してしまうんですよ。
自分の肌状態が分からないときは、保湿はしっかりと行うようにしてください。

コメントは受け付けていません。