冬より乾燥する?!インナードライが夏に多い理由

夏は肌がしっとりしているから、インナードライや乾燥肌にはならないと思っていませんか?

実はそれ、大間違いなんですよ。
夏は冬以上に肌を乾燥させる可能性があるのです。

そこで今回は、インナードライが夏に起こりやすい理由についてお伝えします。

★夏は乾燥を起こしやすい
「乾燥は冬だけ気をつければいい」と思っているあなた。
それだけでは、乾燥が悪化してしまいますよ。

実は、冬だけではなく、夏も乾燥に要注意な季節なのです。
それは、夏には肌に負担になる刺激がたくさんあるからなんですよ。

夏に乾燥が悪化する理由には、主に以下の5つの理由が挙げられます。

理由1 夏は紫外線で肌のバリアが壊れやすい
夏は紫外線の量が多くなる時期です。
実は、この紫外線、肌を乾燥させる原因にもなるんですよ。

紫外線は、肌の土台になる部分まで攻撃してきて、肌のターンオーバーを乱れさせます。
すると、未熟な細胞が増えてバリア機能が低下するのと同時に、肌の細胞の並びがガタガタになり、隙間が多くなってしまうのです。

隙間だらけの肌からは、水分が出放題になってしまうんですよ。

理由2 冷房で室内が乾燥している
夏は冷房にも注意が必要です。
エアコンによる冷房は、湿気を取って、部屋を乾燥させます。
部屋が乾燥すると、もちろん肌の水分も乾燥しやすくなってしまいます。

理由3 室内外の温度差でホルモンが乱れやすい
エアコンによる肌の乾燥は、空気の乾燥だけが原因ではありません。
冷房が効きすぎると、室内と外との温度差が大きくなってしまいます。

すると、体温を調節するための自律神経が働きすぎて過労状態になり、自律神経が乱れてしまうのです。
自律神経が乱れると、同じ視床下部で調整されているホルモンも乱れはじめます。

ホルモンには、皮脂の分泌や肌の水分量を調整する働きがあるので、冷房による室内外の温度差でホルモンのバランスが崩れると、肌が乾燥しやすくなるんですよ。

理由4 べたつく保湿ケアを敬遠してしまう
夏は何もしなくても汗で肌がベタベタするので、さっぱり感のある化粧品を好むようになります。
夏は乳液やクリームを塗らないという方も多いでしょう。

それは、裏を返せば保湿を手抜きしているということです。
夏は保湿ケアが疎かになって、乾燥が悪化しやすいのです。

理由5 体を冷やしすぎて細胞の元気がなくなる
冷房のほかに、冷たい飲み物や仕事終わりのキンキンに冷えたビール、さっぱり冷えた食事など、夏は体を冷やす飲食が多くなります。

すると、胃腸が直接冷やされて消化不良を起こす上、血液の流れも悪くなります。
細胞が元気に働くためには、栄養を血液で送ってもらうことが必要なのですが、冷えた体では、それが上手にできなくなるのです。

その結果、細胞は栄養不足で元気を失い、肌のバリア機能が低下して、水分が出て行きやすくなってしまうんですよ。

★夏の乾燥は気づきにくいので注意しよう!
夏には、乾燥を悪化させる恐ろしい罠がたくさんあります。
しかし、汗や皮脂の分泌も多くなるため、乾燥に気づきにくいのです。
つまり、インナードライになってしまうんですね。

乾燥に気づきにくいからこそ、夏でも普段から乾燥対策をしっかりと行うようにしてくださいね。

 インナードライには水分よりも保湿成分を補おう!

皮脂が多いのに肌の中は乾燥している、インナードライはとても厄介な状態です。

特にケア方法を間違えると、インナードライは様々な肌トラブルを起こすようになります。

そこで今回は、インナードライの肌を改善するために、本当に必要なケア方法についてお伝えします。

★インナードライの肌は水分だけを補給しても意味がない?
インナードライへの対策方法としても、最も重要なのが、乾燥の改善です。

そのため、乾燥を改善するために、化粧水をたっぷりと使って保水される方をよく目にします。
特に安価な化粧水を大量につけるスキンケア方法は、メディアでよく取り上げられますよね。

実は、この化粧水だけを大量につける方法は、インナードライの乾燥対策としてはNGなんですよ。
インナードライに水分ばかり補給することは、あまり意味がないのです。

そればかりか、水分を大量につけることで、水分が蒸発するときに肌の水分も道連れにされ、余計に乾燥がひどくなる場合もあるんですよ。

★インナードライは水分が足りていないことが原因ではない
「乾燥しているってことは、水分が足りないからでしょ?どうして水分をたくさん補給したらダメなの?」と思った方も多いでしょう。
実は、インナードライの状態は、ただ単に水分が足りていないことが原因ではないのです。

インナードライの肌は大きな欠陥を持っており、その欠陥があることで水分が出ていくだけなのです。
つまり、インナードライを解決するには、水分を補うよりも、欠陥を補修することが大事なのです。

★インナードライは水分を閉じ込められない状態
インナードライの大きな欠陥とは、水分を閉じ込められないということです。
インナードライの肌は、まさにひび割れた大地のようになっており、隙間からどんどん水分が抜け出てしまうのです。

健康で潤っている肌は、細胞の大きさが揃っていて綺麗に並び、細胞の間を細胞間脂質が隙間なく埋めてくれています。
つまり、肌の中の水分が抜け落ちない仕組みになっているのです。

一方で、インナードライでは、細胞の間を埋めている細胞間脂質が少なく、隙間が出来ている状態です。
さらに、肌のターンオーバーが乱れ、成長しきれていない未熟な細胞が増えることで、細胞の並びがガタガタになって隙間ができやすくなります。

インナードライは、ただ水分が足りないのではなく、隙間だらけで水分が逃げていくので、その結果肌が乾燥して皮脂が増えるのです。

★インナードライには水分を閉じ込める機能の強化が必要
インナードライを改善するためには、水分が肌から抜け出るのを防止・改善することが先決です。

そのスキンケアこそが、保湿なのです。
保湿とは、水分を補う保水とは違い、水分を肌に留めさせるケア方法のことです。

保湿ケアで、水分を肌に留める能力を高めてあげると、次第に肌のターンオーバーも改善され、肌本来の水分を閉じ込める仕組みがしっかりと働くようになるんですよ。

インナードライになったときは、やたらと化粧水をつけるのではなく、保湿成分を適切に補ってあげましょう。

 インナードライに取り入れたい3つのタイプの保湿成分

インナードライを改善するためには、肌の保湿が必須です。
そこで活用したい成分が、保湿成分です。

実は保湿成分は働きによって3つのタイプに分けられるんですよ。

今回は、インナードライ対策のための保湿成分の種類と働き方についてお伝えします。

★保湿成分には3つのタイプがある
保湿成分は想像以上にたくさんの種類があります。
よく利用される保湿成分は、保湿の仕方によって大きく次の3つのタイプに分けられるんですよ。

・水分をサンドイッチするタイプ
・水分を抱き込んでキープするタイプ
・水分を吸着するタイプ

★保湿成分はタイプによって乾燥への効果が違う
これら3つのタイプの保湿成分は、保湿の仕方が違うだけではありません。
保湿の仕方が違うことで、実は乾燥に対する効果の高さが変わってしまうのです。

最も保湿力があり、乾燥対策にうってつけなのが、水分をサンドイッチするタイプの保湿成分です。

そして、次に保湿力があるのが、水分を抱き込んでキープするタイプの保湿成分です。
この抱き込むタイプの保湿成分が保湿力と価格のバランスがよく、最も多く販売されている一般的な成分なんですよ。

一番保湿力が低いのが、水分を吸着するタイプの保湿成分です。
秋冬などの乾燥する季節には、こちらのタイプはおすすめできませんが、肌触りがよいというメリットがあります。

それでは、それぞれの保湿成分について詳しく見ていきましょう。

★タイプ1 水分をサンドイッチする保湿成分
水分をサンドイッチする保湿成分は、細胞間脂質と呼ばれる成分です。
細胞間脂質は、角層内の細胞と細胞の間を埋めている成分で、細胞同士をしっかりとつなぎ止めて角層内の水分を閉じ込めています。

サンドイッチのように、水分を挟んで離れないようにしているようなイメージです。
実は、細胞間脂質は肌に水分を閉じ込めておく力のなんと80%も担っているんですよ。

具体的な成分名としては、
・セラミド
・スフィンゴ脂質
・ステアリン酸コレステロール

などが挙げられます。

★タイプ2 水分を抱き込んでキープする保湿成分
水分を抱き込むタイプの保湿成分は、水分を保持して流れ出るのを防いでくれる働きがあります。

水分を抱き込んでキープするタイプの保湿成分には、
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン

などの肌の奥にある成分が挙げられます。

これらの成分は大きいため、肌の奥にまで届けることはできないのですが、肌の表面で水分をキープするのに役立ってくれます。

★タイプ3 水分を吸着する保湿成分
水分を吸着するタイプは最も保湿する力が乏しい成分です。
こちらのタイプの保湿成分には、
・アミノ酸
・尿素

などの成分を含む
天然保湿因子(NMF)が当てはまります。

天然保湿因子とは、角質細胞の中で水分が出ていかないように掴んでくれている成分です。

また、以下の多価アルコール類も水分を吸着する保湿成分として使われます。
・プロピレングリコール(PG)
・グリセリン

★インナードライ対策にはセラミドがおすすめ!
様々な種類の保湿成分をご紹介しましたが、インナードライ対策に一番おすすめなのは、セラミドです。
セラミドは保湿成分の中でも特に、肌の乾燥に効果の高い成分なんですよ。

コメントは受け付けていません。