夏の乾燥がひどくなったときに行うべき5つの見直し

夏に乾燥を感じたとき、あなたはどのようなケアをしていますか?
きっと多くの方がたくさん化粧水を塗るなど、プラスのケアをしているかと思います。

しかし、夏の乾燥対策でまず始めに必要なのは、見直す対策なんですよ。

見直すケアをしなければ、せっかくのプラスのケアの効果もいまいち感じられません。

そこで今回は、夏の乾燥がひどくなったときに、すぐに見直してほしい5つの習慣についてお伝えします。

★夏の乾燥はプラスのケアよりも見直すケアが大切
セラミドなどの保湿成分をプラスするケアは、夏の乾燥対策にとても有効です。
しかし、残念ながら保湿成分のプラスケアを活かすためには、まず始めに見直すケアを行うことが大切なんですよ。

見直すケアを怠ると、いたちごっこになって本質的な乾燥の改善ができないのです。

夏の乾燥に困ったときに、見直すべきことは次の5つです。

見直す習慣1 食事
健康な肌を作るための材料になるのは、食事です。
そのため、栄養が偏ったり不足したりすると、肌の水分を保つ働きが衰えて乾燥してしまいます。

暑くて素麺などの麺類ばかり食べていないか、無理なダイエットで体が栄養失調状態になっていないかなど、見直してみましょう。

また、夏は冷たい食べ物で体を冷やす可能性もあるため、積極的に温かい食事をとる見直しも大切です。

見直す習慣2 睡眠
肌の修復や生まれ変わりは、寝ている間に行われます。

つまり、睡眠不足や睡眠の質が低くて夜中に何回も起きてしまうと、肌の修復が十分できず、ターンオーバーが乱れて、肌に水分を閉じ込めるバリア機能が低下します。

特に寝始めの3時間はしっかり熟睡できるように環境を見直すことが大切です。

見直す習慣3 エアコンの温度
エアコンの効きすぎた部屋は、肌を乾燥させる元凶です。
特に注意が必要なのが、室内外の温度差です。

室内と外の温度差が5度以上になると、自律神経が乱れやすくなり、血行不良やホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。

エアコンの温度は、外の気温より3~4度程度低い温度を目安に見直してみましょう。

見直す習慣4 洗顔とクレンジング
洗顔とクレンジングのしすぎは皮脂を取り除き、肌の乾燥を悪化させます。

・洗浄力の強いオイルタイプのクレンジング剤を使っていないか
・一日に何度も洗顔をしていないか
・洗顔とクレンジングそれぞれに1分以上かけていないか

など、洗顔とクレンジングで皮脂を落としすぎていないか見直してみましょう。

見直す習慣5 日焼け対策
夏の乾燥の大きな原因が、紫外線です。
そのため、紫外線対策を怠ると肌の内部の乾燥が悪化してしまいます。

少し散歩や買い物に行くときや、室内にいるときでも日焼け対策を怠っていなかったか見直してみましょう。

また、必要以上に強い日焼け止めを使っていないか見直すことも大切です。

コメントは受け付けていません。