賢く脂質をとってセラミドを増やそう

健康と美容のために野菜ばかり食べていませんか?
実は、その食事が肌を乾燥させている可能性があるんですよ。

肌の健康を保つためには、悪者とされている脂質も重要なんですよ。
実は、肌の潤いを守っているセラミドを増やすには脂質が必要不可欠なのです。

そこで今回は、脂質を賢くとってセラミドを増やす方法についてお伝えします。

★脂質は美肌作りに必要な栄養素
美肌を作る栄養素と聞くと、ビタミンをイメージしますよね。
確かにビタミンは美肌を作る上でとても大切です。

しかし、ビタミンと同じくらい美肌に重要な栄養素があります。
それが、脂質です。

脂質は、細胞を覆う細胞膜の材料です。
脂質をしっかりと取らないと、細胞はしっかりと働けなくなるんですよ。

さらに、美肌とも関係の深いホルモンは、脂質を原料に作られます。
脂質が不足すると、ホルモンもしっかり分泌できなくなって、肌にも影響が出てしまうんですよ。

★セラミドは脂質を原料に作られる
肌のバリア機能の大部分を担当しているのが、細胞間脂質のセラミドです。
名前を見て気づきましたか?

そうです。
セラミドも脂質から作られているんですよ。

脂質が足りなくなると、セラミドを十分に作れなくなり、肌はどんどん弱くなっていってしまうのです。

★脂質が足りないと肌は干からびる?!

それでは、具体的に脂質が足りないと肌はどのような状態になるのでしょうか?
脂質が足りなくなった肌は、以下のようなトラブルを起こすようになります。

・水分を保てなくなり乾燥する
・細胞膜が弱くなって敏感肌になる
・アレルギーを起こしやすくなる
・アトピーになりやすくなる

つまり、脂質が足りないと刺激に弱い乾燥した肌になってしまうのです。

★賢い脂質の取り方
脂質が肌に必要だからといってむやみやたらに脂質を取ればいいという訳ではありません。

脂質は、質のいい油から摂らなければならないんですよ。
悪い油ばかり摂ると、肌は余計にトラブルを起こしやすくなります。

それは、悪い脂質を原料に細胞膜が作られると、細胞が正常に働けなくなってしまうからです。

積極的に摂りたい脂質と避けるべき脂質は以下の通りです。
油は質を重視して、新鮮なものを新鮮なうちに食べるようにしてくださいね。

・積極的に摂る脂質
積極的に摂りたい脂質は、オメガ3系と呼ばれる必須脂肪酸です。
必須脂肪酸とは、体の中では作り出せないので、外から摂ることが大切なんですよ。

オメガ3系の油は、血液をサラサラにして、細胞を元気にしてくれます。
エゴマ油やアマニ油、青魚に豊富に含まれていますよ。
オメガ3系の油は熱に弱いので、加熱せずに新鮮なものを食べるようにしましょう。

・避けるべき脂質
一方で避けるべき油は、オメガ6系の油です。
オメガ6系の油は、オメガ3系の油と同様に必須脂肪酸なのですが、現代人は摂りすぎているため、食べるのを控えた方がいいのです。
オメガ6系が多く含まれているコーン油やひまわり油、紅花油などは、アレルギーを悪化させる原因にもなるので気をつけましょう。

また、トランス脂肪酸にも注意です。
トランス脂肪酸は、マーガリンやファットスプレッド、ショートニングに多く含まれる人工的な油で、アメリカやヨーロッパでは厳しく規制されています。
至上最悪の油とも言われて美容や健康に悪影響を与えるので避けるようにしましょう。

 賢くタンパク質をとって夏乾燥を防ぐ

夏は皮脂の分泌が多くなる上、インナードライを発症しやすくなる季節です。
美肌を作るためには、夏の乾燥を防ぐことがとても大切なのです。

そこで重要となるのが、食事です。
食事で元気な細胞を作るためには、女性から敬遠されがちなお肉を食べることも必要なんですよ。

★肌はタンパク質からできている
美肌を作る上で忘れてはならない栄養素が、タンパク質です。
肌や髪、爪などはケラチンというタンパク質からできているからです。

また、肌を健康に保つためには、健康な細胞を作ることも大切です。
細胞は約70%が水分でできていますが、その次に多いのがタンパク質なんですよ。

つまり、しっかりとタンパク質を取らないと元気な細胞が作れなくなり、肌も衰えてしまうのです。

★肌に備わっている保湿成分の原料もタンパク質

タンパク質は、肌に潤いを保つためにも必要な栄養素です。

肌の潤いや弾力を保っているのは、肌の奥に存在するコラーゲンの層です。
コラーゲンもまた、タンパク質でできています。

さらに、肌のバリア機能の1つである天然保湿因子(NMF)の主要成分であるアミノ酸はタンパク質を分解することによって得られます。

つまり、タンパク質は肌のバリア機能を高めて潤いを保つためにもとても重要な役割を果たしているのです。

★タンパク質が不足すると肌はどうなるの?
それでは、タンパク質が不足すると肌はどうなるのでしょうか?
タンパク質が不足した肌は、以下のようなトラブルを起こすようになります。

• 肌のハリや弾力がなくなる
• シワやたるみが増える
• 乾燥する
• 老けて見られる

上記に心当たりがある方は、一度食事の内容を見直してみましょう。
タンパク質は髪や爪を作る上でも必要なため、抜け毛が多い、爪が割れやすいという方もタンパク質が不足している可能性があります。

★質のいいタンパク質ってなに?
タンパク質をとって夏の乾燥を防ぐためには、質のいいタンパク質をとることが大切です。

質のいいタンパク質とは、体内では作れない9つの必須アミノ酸をバランスよく摂れるタンパク質のことを指します。

その指標になるのが、アミノ酸スコアとプロテインスコアです。
アミノ酸スコアやプロテインスコアが高く100に近いほど、必須アミノ酸をバランスよく含んでいることになります。

タンパク質を摂るのであれば、アミノ酸スコアとプロテインスコアの両方が高い食品を食べるといいですよ。

• 卵:アミノ酸スコア100 プロテインスコア100
• 牛肉:アミノ酸スコア100 プロテインスコア80
• アジ:アミノ酸スコア100 プロテインスコア89
• 牛乳:アミノ酸スコア100 プロテインスコア74
• 大豆:アミノ酸スコア100 プロテインスコア56

★賢いタンパク質の取り方
アミノ酸を効率よく摂るには、動物性タンパク質がおすすめです。
しかし、動物性タンパク質はカロリーの問題もあり、摂りすぎに注意することが大切です。

植物性と動物性の両方のタンパク質をバランスよく取り入れるようにして、1食あたりおよそ60gを目安に食べるといいでしょう。
60gはちょうど片手の平にのる程度の量ですよ。

コメントは受け付けていません。