朝の洗顔って必要なの?

なにげに疑問に思いがちなのが、朝の洗顔の必要です。

夜の洗顔が必要なのはわかります。

でも、夜、洗顔して、あとは寝て起きるだけなのに、また洗う必要はあるの? 汚れているの? と疑問に思うかもしれません。

洗うにしても、きちんと洗顔料を使って洗うのか、子供の頃からやっているように、水やお湯を使って、眠気覚ましにパシャパシャ洗う程度でいいのか。

気になりますね。

実感として、最近は、朝は洗顔料を使わず水やぬるま湯だけで洗う、という方が増えている印象。

やっぱり、夜寝て起きただけなので、改めて洗顔料を使う必要はないだろう、と思うみたいです。

でも、寝ている間も、実は汚れています。

寝ている間に人間は、コップ1杯分の汗をかくといわれています。

その汗、皮脂が混ざり合うと、皮脂膜となって肌を覆います。

皮脂膜はバリア機能となって、お肌を守ってくれます。

取りすぎるとお肌のためになりませんが、古い皮脂汚れを残すのも、やっぱりいけません。

ちなみに皮脂は、トリグリセライド、ワックスエステル、スクアランなどの成分からできています。

このうち、トリグリセライドの一部は、皮膚の表面にいる常在菌により、分解されます。

ワックスエステルの一部と一緒に、さまざまな肌トラブルのもとになる、変性皮脂となります。

変性皮脂ができると、肌のバリア機能やうるおいが低下します。

毛穴も開くし、きめも乱れてしまいます。

人は生きていれば、寝ている間も皮脂や分泌、分解されます。

そして絶え間なく、変性皮脂が生成されています。

だから、朝起きたときには、そういう変性皮脂ができてしまっています。

それを洗い流す必要があるのです。

皮脂というのは油です。

油性のメイクが水やぬるま湯だけで落ちないように、変性皮脂も、水やぬるま湯だけの洗顔では落とすことができません。

とくに気になるのは鼻やあご、こめかみなどです。

皮脂の分泌がとくに盛んなので、朝でもやっぱり、洗顔料で洗顔をしておいたほうがいいのです。

しかし一方で、目元や頬など、皮脂の分泌が少ないところも、同じように洗顔料を使ってしまうと、乾燥しやすくなってしまいます。

このバランスのとり方がむずかしいですね。

乾燥肌タイプの人、皮脂分泌が少ない人なら、洗顔料は使わず、水やぬるま湯だけで洗うのもいいかもしれません。

オイリー肌の方なら、全体的にしっかり洗顔料で皮脂を落としたほうがいいでしょう。

自分の肌に合わせて、洗顔方法を使い分けるようにするといいですね。

朝、起きたら自分のお肌を触ってみましょう。

べたべたしているようなら、洗顔料を使う。

べたべたしていないようなら、ぬるま湯で洗う。

そういう、その日のコンディションに合わせた使い分けをしてみましょう。

 おすすめ優秀洗顔料

お肌の汚れをやさしく洗い流して、すっきりつるすべにしてくれる、おすすめ洗顔料をご紹介します。

★クレ・ド・ポー ボーテ ムースネトワイアントA

資生堂インターナショナルの洗顔料です。

つややかでうるおいのある、輝く素肌に導いてくれる洗顔料です。

吸いつくようなクリーミーでハリのある泡が特徴。

乾燥や紫外線でダメージを受けたお肌をいたわりつつ、やわらかなお肌に洗い上げてくれます。

うるおいを守りつつ、汚れをしっとり取り除くのです。

しっとりなめらかな、均一なお肌になれます。

細かなダイヤモンドパウダーを配合しています。

洗うと優雅な気持ちになれますよ。

使ってみた印象では、洗い上がりがすごくいいです。

洗った直後のお肌はやわらかく、突っ張る感じがありません。

泡立てネットを使って泡立ててみると、それほど泡立つわけではないのですが、小さくて、でもしっかりとした硬めのホイップができますよ。

汚れを上手く書き出してくれるので、毛穴のたるみが引き締まっていきます。

★ラッシュ 毎日が晩餐

ラッシュジャパンの洗顔料です。

ポップコーンがトッピングされており、スイートな香りと共に、香ばしさがあります。

粒子の違う、2つのトウモロコシパウダーがスクラブとなり、毛穴の余分な汚れ、角質を洗い流してくれます。

ベースとなるタルクは肌にピタッと密着します。

シナモンとコーンオイルにより、余分な皮脂、汚れを吸着し、お肌を清潔に整えてくれます。洗い上がりもしっとりです。

使ってみた印象では、まずポップコーンが入っているのにびっくり。

香りが甘いのですが、なぜか落ち着く香り。

使っているとくせになります。

乾燥肌の方におすすめかもしれません。

うるおいのあるお肌にしてくれます。

クレイタイプの泡立たないタイプの洗顔で、スクラブ入りです。

少量の水で溶いて、顔のマッサージに使うと、お肌が生き生きしてきます。

★クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング b

クレンジングリサーチの洗顔料です。

すっきり洗えるのにつっぱらないのがウレシイ。

肌に優しい敏感肌シリーズの洗顔料です。

これ1本で、メイク落とし、洗顔、化粧水の3つの役割を持っています。

毛穴も洗えて、ピカピカのお肌になれる、ノンスクラブの洗顔フォームです。

スクラブが苦手、という方には「クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジング b」はおすすめ。

使ってみると、さっぱり、もちもちの洗い上がりになれます。

私は、ばっちりメイクをしたときは、別のクレンジング剤を使ってから、これで洗顔してました。

ナチュラルメイクの時なら、これだけでメイク落としはできる感じです。

敏感肌向けの洗顔料って、なかなか見つかりにくいので、重宝しますよね。

お肌をやさしく洗いつつ、汚れもしっかり落としてくれる洗顔料は、乾燥肌女子の強い味方です。

コメントは受け付けていません。