正しい洗顔の方法

間違った洗顔をしていると、角質層にダメージを与えてしまいます。

乾燥肌、敏感肌、オイリー肌になりやすくなったり、シミができやすくなったりするなど、肌トラブルのもとになります。

美肌を考えるなら、正しい洗顔はぜひ行いたいです。

例えば、間違った洗顔料というので一番すぐに考えられるのは、「頬から洗顔する」という方法。

頬から洗うと、お肌を傷めてしまう可能性があります。

洗顔の目的は、酸化した皮脂、メイクなどの汚れを落とすことにあります。

でも、お肌に必要な皮脂や、お肌の潤いを保つ角質層の細胞間脂質、天然保湿成分まだ、洗い流してしまうのはやりすぎです。

「過度な洗顔」ということになり、お肌にダメージを与えてしまいます。

ちゃんと洗わないで、お肌に古い皮脂や汚れを残したままもいけません。

でも洗いすぎもいけません。

必要な皮脂や、うるおい成分を残しつつ、洗うのが大切です。

そうすれば、お肌を乾燥や肌トラブルから守ることができます。

皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分は、洗い流しても化粧水や乳液とかでまた補給すればいいような気がします。

しかし、お肌のバリア層がダメ―ジを受けてから、回復するには、数日間は必要です。

その間は、バリア機能が低下したままなのです。

そうなると、乾燥やアレルゲン、紫外線など、弱い状態になってしまっています。

お肌が乾燥したり、かぶれやすくなってしまったり、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

紫外線のダメージは、お肌のひりひり感、日焼け、シミやしわをもたらします。

もちろんお肌には自浄作用があります。

汗やほこりは、ぬるま湯で落とすことができます。

皮脂を守りながら、余計な汚れだけを落とすのが、正しい洗顔です。

正しい洗顔を続けていれば、ニキビや乾燥肌などのお悩みも解決しやすくなりますよ。

~正しい洗顔方法~

①手を洗う

まずはここから。泡立てやすいように、手を洗いましょう。

②洗顔料を泡立てる

洗顔料で、細かい泡を作ります。

そのためにはよく泡立てないといけません。

洗顔料を利き手と反対側の手の平に乗せ、手のひらをボウルのようにしながら、利き手の指先3本で水を混ぜながら、泡立てていきます。

うまく泡立てられないようなら、ネットを使ってもいいですよ。

③まずTゾーンを洗う

もちもち泡が手と肌の間にクッションのように泡を乗せて。

Tゾーン、あごなど、皮脂が多い部分から優しく洗い始めます。

指でこすらないこと。泡をつけるイメージです。


④目元や口元

乾燥しやすいので、泡をのせるだけでいいです。

⑤ぬるま湯で洗う

最低20回はすすぎましょう。

洗顔料がお肌に残らないようになるまですすぎます。

お湯の温度は33度~36度くらいが適温です。

⑥清潔なタオルで顔の水分をとる

ゴシゴシこすってはいけませんよ。

清潔なタオルを使い、顔をおさえるようにして、やさしく水分を取ります。

⑦すぐ保湿

洗顔後のお肌は、乾くときに水分が奪われて、過乾燥になっています。

3分以内に保湿して。

 ポイントメイクを上手に落とすには

ポイントメイクって、洗顔で落としにくいですよね。

クレンジングを使うことが多いと思います。

でもクレンジング剤は、お肌への負担が大きいので、できるだけ時間をかけずにすぐに洗い流すのが良いでしょう。

そのために、アイメイクなど、比較的落ちにくい部分は、先に洗い流しておくと、スムーズに行きます。

スムーズにポイントメイクを落とす方法をご紹介しますね。

マスカラ、アイラインなど、目には手の込んだメイクをしがちです。

口は、1日に何回も口紅を重ね塗りしますよね。

ポイントメイクの代表は、目元と口元です。

どちらの部分の化粧品も、ウォータープルーフだったり、崩れにくい成分だったり、密着しやすい細かい粒子が配合されていたりしているものです。

つまり、通常のクレンジング剤では落ちにくい。

しっかもこの2か所は、皮膚がとても薄いです。

濃いメイクがついているからといって、ゴシゴシこすってはいけません。

強くこすると、刺激になって、シワ、色素沈着のもとになってしまいます。

これらの濃いメイクを浮かせたクレンジング剤で、おでこや頬のファンデーションを落とそうとしてしまうと、イントメイクで汚れた色素が広がってしまうのでNG。

濃いメイクをつけている部分は、専用のクレンジングを使い、そこだけで落とし切るようにしましょう。

ポイントメイク専用のリムーバーは、洗浄力がかなり強く、こすらず落とすことができます。

ポイントメイク用、他の広い範囲用で、分けてクレンジングを使うといいですね。

ポイントメイクを落とすときのポイントは、待つこと。

専用リムーバーをたっぷりしみこませたコットンを、ポイントメイクをつけているところにのせて、10秒待ちます。

だんだんメイクが浮いてきます。

そしたら力を入れずに滑らせます。

するっと落とすことができますよ。

マスカラは、リムーバーをしみこませたコットンでまつげをはさんで、力を入れずに下へ滑らすようにしましょう。

するりとふき取れますよ。

こうやって、1回でポイントメイクを落とせないようなら、新しいコットンを使って、もう一度同じことをします。

細かい部分は、コットンの角を使い、拭きましょう。

ポイントメイク用のリムーバーなら、通常なら目もとと口元、両方に使えるようになっています。

このほか、目元専用、唇専用のリムーバーもあるので、両方に使えるポイントメイクでは落としにくいなと思ったら、専用のものを使って見るのもいいですね。

ちなみに、ポイントメイク用のリムーバーは洗浄力が強いです。

だから肌全体に使うのはおすすめしません。

必要な皮脂や角質まで取ってしまって、肌トラブルのもとになります。

アイメイクは色が濃く、落としにくいので、アイメイク専用メイク落としのほうがいいかもしれません。

選ぶ時は、使用しているメイクアップ化粧品と同じメーカーから出ているポイントメイク落としを使うのがおすすめ。

それ用に開発されているので、とりわけ落としやすくなります。

メイクアイテムの製造方法は、メーカーによって異なるので、製造方法に合った方法で作られているものがいいですよ。

コメントは受け付けていません。