洗顔をこまめにするとテカリがひどくなるらしい

春になり、気温が温かくなってくると、嬉しくなってくると同時に気になるのが、お肌のテカリですね。

温かい季節は汗や皮脂の分泌が増えます。

それによってテカリを生み、メイクが崩れやすくなってしまいます。

べたつき、テカリをおさえるために、汗や皮脂対策はしっかりしたいもの。

でも、そのケアの方法が間違っていると、かえってテカリをすすめてしまうおそれがあるので要注意。

べたつき、テカリをおさえるためのケアが、逆にテカリを生んでしまうというありがちパターンを見てみましょう。

「しっかりケアしているつもりなのに、テカリがひどくなるばかり・・・」というお悩みがある方は、当てはまるものがあるかどうか確認してみて。

ケア方法を見直すところに、解決の糸口があるかもしれません。

テカリを生む間違ったスキンケア ①洗顔のしすぎ

肌のべたつき、テカリは、気温や湿度が上がることにより、汗や皮脂が過剰に分泌されることで、引き起こされます。

べたつきやテカリをおさえよう思うと、「とりあえず洗っておこう」と思いますよね。

でもこれが、NGな場合があります。

汗や皮脂をできるだけオフしようとして、洗浄力の強い洗顔料でこまめに洗顔をしていたりしませんか?

これがテカリを生んでいる可能性があります。

お肌の乾燥を防ぐためには、適度な皮脂は必要なのです。

洗浄力の強い洗顔料で、何回も顔を洗ってしまうと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

すると、お肌はこれ以上、水分を逃がさないために、皮脂をたくさん分泌してお肌を守ろうとしてしまいます。

すると、さらにテカってしまうのです。洗えば洗うほど、テカリがひどくなるという悪夢のような状態に。

テカリをおさえるには、朝と夜の1日2回の洗顔が、ベストな回数です。

お肌に刺激の少ない洗顔料をよく泡立てて、やさしく洗うようにしましょう。

テカリを生む間違ったスキンケア ②化粧水しかつけない

テカリが気になるときは、乳液やクリームをつけるのはちゅうちょしてしまいますよね。

もっとテカリがひどくなったらどうしよう・・・と心配になります。

そこで、春夏の間のスキンケアは、化粧水だけですます、という方がいます。

でもこれはNGですよ。

春夏の温かい季節でも、お肌を乾燥させる要素はいっぱいあります。

たとえば紫外線。たとえば部屋のクーラー。

こうしたものに触れていると、お肌の内部は、想像以上に乾燥しているのです。

美肌を保つには、水分と油分のバランスを整えることが大切です。

化粧水だけで終わらせてしまうと、そのあとフタがされないので、補った水分はすぐ蒸発してしまいます。

化粧水での水分補給のあとは、乳液やクリームでフタをするようにしましょう。

皮脂やテカリが気になるとしても、油分でフタをすることは必要です。

どうしてもベタつきが気になるようなら、皮脂分泌の激しいTゾーンだけを薄めにする(それでも、全く乳液をつけないのはNGです)などして、塗り方を調整してみましょう。

 化粧下地を使わないとテカリがひどくなるらしい

温かい季節になると、だんだんと皮脂分泌の量が増えて、汗もかきやすくなります。

テカリも起きやすくなります。気になりますよね。

何とかしたいと思います。

でも、そう思ってやっているはずのテカリ防止ケアが、逆に新たなテカリを生んでいるおそれがあるので、要注意です。

たとえば、ベタつきを抑えるために、化粧下地をつけないで、メイクをしているような場合。

これは逆に、テカリをひどくさせています。

テカリを生む間違ったスキンケア① 化粧下地を使わない

湿度も気温も高くなると、ついつい、化粧崩れが気になってきます。

少しでもメイクの量を減らして、崩れが目立たなくなるようにしたくなりますよね。

でも、だからといって、化粧下地を抜きにして、いきなりファンデーションをつけるのはいけませんよ。

化粧下地のステップを抜きにするのではなく、テカリをおさえる力のある化粧下地を使えばいいのです。

そうすれば、塗りが厚くなっても、化粧崩れしにくくなります。

最近では、汗や皮脂を吸収して、お肌の表面を快適に保つ化粧下地がたくさん出てきています。

こうした便利な機能を搭載した化粧下地をぜひ、使ってみてください。

Tゾーンなど、テカリやべたつきが気になる方なら、「部分下地」もおすすめです。

朝のメイク前、化粧直しの時にも使える、便利な化粧下地も発売されています。

メイクを安定させつつ、テカリ、べたつきも防いでくれるのです。

こういうものを、上手に活用したいですね。たとえば、おすすめは以下。


★カネボウ化粧品「コフレドール フルキープベースUV EX」(SPF25・PA++)25ml

皮脂ブロックポリマー、毛穴カバー持続パウダーと皮脂吸着成分という、ダブルの化粧持ち成分を配合。

汗や皮脂が出てくるのを、防波堤としてブロックしてくれます。

ほんのりピンク色の明るいベージュカラーです。肌色も上がりますね。

★アユーラ「ウェルバランス オイルシャットワークスアドバンス」6g/2625円

練り美容液です。

ひと塗りで瞬時に毛穴をフラットにしてくれます。

皮脂コントロール機能があり、化粧崩れしにくくなります。

サラリとした快適な肌状態をキープしてくれます。

化粧直しにも使えて、コンパクトなつくりに。

持ち運びしやすいので、いつでもどこでもすぐ使えるのが嬉しいです。

テカリを生む間違ったスキンケア② 化粧直しが間違っている

ランチのあと、会社帰りはメイク直しをしますよね。

とりあえず化粧室に行って鏡の前には立つ。

でも、化粧直しが何を意味するのか。

その定義ってむずかしいものですが、少なくとも、「皮脂をとるだけ」という化粧直しはありえないです。

皮脂崩れを防ぐためにも、化粧直しは大切です。

スポンジなどで肌表面の皮脂を取り除いた後、下地をなじませて、プレストパウダーで軽く抑える、というやり方が効果的です。

クーラーをつけているときは、意外と肌は乾燥しています。

皮脂をとったら、水分補給することも忘れないようにしましょう。

化粧直し用のミストを一吹きしましょう。

そのまま、放置しないで、手のひらでなじませて、ぎゅっとうるおいを閉じ込めましょう。

そのあと、パウダーでおさえれば、カンペキです。

メイクしたてのみずみずしさが呼び戻されます。

 油取り紙を使うとテカリがひどくなる?

春になって、気温がだんだん高くなると、顔のテカリが気になりますよね。

こういうとき、手軽なのは、あぶら取り紙で皮脂を取ってしまうこと。

でもこのあぶら取り紙、「使ったほうがいい」という意見と、「使ったらダメ」という意見の両方あって、どっちにしたらいいか、迷ってしまうことがありますよね。

「ダメ」という意見の根拠は、肌表面の皮脂をとると、さらに皮脂が出てきてしまうため、使わないほうがいい、ということになります。

油取り紙は皮脂を増やすのでしょうか。

これについては、賛否両論ですが、私は「使ったほうがいい」と思います。

浮いてきた皮脂をそのままにしておくほうが、酸化した皮脂が、お肌に悪影響を与えると思われます。

脂取り紙そのものがダメというのではなく、適切な方法で皮脂をとることが重要、ということですね。

使い方の問題です。

皮脂が浮き出てきたら、油取り紙で取るけれども、そのあと水分補給をすれば、皮脂が余計に増えるということはありません。

肌がテカるのは、皮脂が原因です。皮脂が皮脂腺というところから分泌されます。

皮脂の分泌量は、同じ顔の中でも、出やすいところと出にくいところで、差があります。体の部位によっても、出やすいところ、出にくいところがあります。

分泌には、女性ホルモン、ステロイドホルモンが関係しています。

皮脂は、毛穴から皮脂表面に浮いてきます。

そして皮膚表面と体毛に薄い膜を張ります。

これで、お肌や体毛を保護しています。

しかし同時にトラブルを引き起こすようにもなります。

出すぎてしまうと、皮脂分泌により、お肌のテカリが起きてしまいます。

それにつれて化粧崩れしにくくなります。

あまりにも皮脂が多いと、ニキビのもとにもなります。

ちなみに、汗腺と皮脂腺は違います。

汗はいくら出ても、肌のテカリは起きません。

メイクが水だけで落とすことができませんよね。

オイルを含んだ洗浄剤だとよく落ちます。

メイク崩れは、汗によるものではなく、皮脂により、引き起こされます。

だから、テカリをおさえようと思ったら、汗対策ではなく、皮脂対策のほうに重点を置くようにしましょう。

オイリー肌の方は、春夏は悩ましい季節です。

とくに、Tゾーンと呼ばれる眉の上、鼻筋の部分は皮脂が出やすいですよね。

皮脂が気になる方は、全体に塗るスキンケア化粧品は、さっぱりしたものがおすすめ。

皮脂の多い部分に、油分の多い化粧品を塗ると、毛穴の詰まりになりやすくなるからです。

皮脂が少なく、乾燥が気になる部分には、油分のある、保湿力の高いクリームを塗布してもOK。

全体にさっぱり感のあるスキンケア化粧品を塗布した後、乾燥している部分を重ね付けしましょう。

よく、皮脂は天然の保湿剤と言われますよね。

Tゾーンは油分が多い。ということは、クリームやオイルでわざわざ保湿する必要は無いのです。

皮脂で十分。

メイクについては、Tゾーンは油分の多い下地、ファンデーションは使わないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。