界面活性剤は悪者なの?界面活性剤の仕組みと働き

肌に悪い成分の代表格としてよく耳にするのが、「界面活性剤」です。
ですが、界面活性剤は本当に美肌の敵なのでしょうか?

実は、肌に優しいとして注目されている純せっけんも界面活性剤の一つなんですよ。

界面活性剤は必ずしも悪ではないのです。

そこで今回は、界面活性剤の仕組みや働きについてお伝えします。

★肌の汚れを取ることも美肌には大切!
美肌を保つ上で大切なのは、保湿やシミ、シワ対策だけではありません。
美肌の土台ともなっている重要なスキンケアこそ、洗顔です。

肌に汚れや古い角質が残っていると、ターンオーバーによる肌細胞の生まれ変わりが正常に行えなくなったり、化粧品の成分が浸透できなくなったりします。

また、肌に残った汚れや皮脂は酸化して刺激物質に変化し、肌にダメージを与えます。

肌の汚れを落とすことは、スキンケアの最も重要な工程なんですよ。

★汚れを落とす助っ人が「界面活性剤」

肌の汚れは、皮脂やメイクだけではなく、古い角質やほこり、花粉など様々な種類のものが混ざっています。
そのため、水だけでは落とし切れません。

特に、皮脂やメイクなどの油汚れは、水をはじく性質があるため、特別な対処が必要です。

そこで助っ人として役立ってくれるのが、界面活性剤なのです。
界面活性剤は水では落ちにくい油汚れを効率よく取り除いてくれるんですよ。

★界面活性剤が汚れを落とす仕組み
界面活性剤には、水になじむ部分と油になじむ部分の両方が備わっています。

洗顔剤の泡を顔にのせると、界面活性剤の油になじむ部分がメイクや皮脂などの油汚れを取り囲みます。
このとき、水になじむ部分は外側に向いて、泡に含まれている水となじみます。

すると、油汚れは界面活性剤に包まれるように球状になって浮き出し、すすぎの水と一緒に洗い流されるのです。

つまり、界面活性剤は水で落ちない油汚れを水ですすぎ流せるようにしてくれる成分なんですよ。

★純せっけんも界面活性剤の一つ
ですが、界面活性剤と聞くとどうしても悪者というイメージがありますよね。
では、純せっけんと聞くとどうですか?

純せっけんは、肌に優しいイメージがありますよね。

実は、この純せっけんも界面活性剤の一つなんですよ。

この事実を知ると、一概に界面活性剤が悪者だと言えないのが分かりますよね。

★大切なのは界面活性剤の種類と使う量
界面活性剤は皮脂やメイクなどの油汚れを取りやすくするという重要な役割があります。

一方で、使いすぎると必要な皮脂まで取り除き、肌を乾燥させたり肌のバリア機能を低下させたりする原因にもなります。

大切なのは、界面活性剤の種類と使う量をしっかりと見極めることなんですよ。

 せっけんと合成界面活性剤の違いと見分け方

油汚れを効率よく落とすのに効果を発揮するのが、界面活性剤です。
実は界面活性剤は、大きく2つのタイプに分かれます。

種類が違うと効果の発揮の仕方や作られ方も変わってくるんですよ。

そこで今回は、界面活性剤の種類と見分け方についてお伝えします。

★界面活性剤には2つの種類がある
界面活性剤は作られ方の違いで大きく以下の2種類に分けられます。

・せっけん
・合成界面活性剤

せっけんや合成界面活性剤は原料の組み合わせなどでさらに細分化されます。
特に合成界面活性剤は、原料や配合する量を変えることで、洗浄力の強さも大きく変わってくるんですよ。

★せっけんと合成界面活性剤の違い
具体的に、せっけんと合成界面活性剤はどのような違いがあるのでしょうか?

・原料の違い
せっけんを作るときには、一般的にヤシ油や牛脂、パーム油などの天然の油が原料として使われます。

一方で、合成界面活性剤は、一般的に石油系の成分から作られています。

しかし、最近では合成界面活性剤の中でもパーム油などの天然成分と石油成分の両方を原料として使っているものもあるので注意が必要です。

・作り方の違い
せっけんは、とてもシンプルな方法で作られます。
天然の油に苛性ソーダなどのアルカリ成分を混ぜて作る方法や、油から取り出した脂肪酸をアルカリで中和させて作る方法があります。

一方、合成界面活性剤の製造方法は、非常に複雑な反応によって作られます。
そのため、出来上がった合成界面活性剤も複雑な構造を持った化学物質になります。

せっけんはシンプルな材料でシンプルな方法によって作られるため、その分肌や環境への負担も少なくなります。

一方、複雑な反応を経て作られ、複雑な構造を持つ合成界面活性剤はその不自然さゆえ、肌や環境に様々な悪影響を与えてしまうのです。

★せっけんと合成界面活性剤を見分ける方法
せっけんと聞くと、固形のものを思い浮かべますよね。
しかし、最近では液状など様々なタイプのせっけんがあり、固形せっけんの中には合成界面活性剤を含むものもあります。

見た目だけでは、せっけんか合成界面活性剤か判別が難しいのです。

そこで最後に、せっけんと合成界面活性剤を見分ける方法についてお伝えします。

方法はとても簡単です。
商品に記載されている成分表を見るだけです。

成分表を見て、

・石けん素地
・純石けん分
・脂肪酸ナトリウム
・石けん素地(または脂肪酸ナトリウムまたは純石けん分)、水分、グリセリン

とのみ表記されているものは、純石けんです。

一方で、成分表に

・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na(SLS)
・スルフォン酸ナトリウム
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
・パレスー3硫酸Na
・ラウリル硫酸アンモニウム

などの表記があれば、合成界面活性剤が配合されています。

せっけんの中にも、香料や酸化チタンなどが含まれているものもあるので、注意して成分表を見るようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。