純せっけんと合成界面活性剤のメリットデメリット

純せっけんと合成界面活性剤は作り方は違いますが、同じ界面活性剤です。

では、どうして同じ界面活性剤なのに、純せっけんはスキンケアに推奨されて、合成界面活性剤は嫌われてしまうのでしょうか?

実は合成界面活性剤には、スキンケアにおいて大きなデメリットがあるのです。

そこで今回は、純せっけんと合成界面活性剤のメリットとデメリットについてお伝えします。

★合成界面活性剤のメリット
まずはスキンケアの嫌われ者、合成界面活性剤のメリットについて見ていきましょう。

合成界面活性剤のメリットは、以下の2点が挙げられます。

・泡立ちやすい
・せっけんカスが出ない

つまり、合成界面活性剤は、誰でも簡単に使えるという使いやすさがメリットになります。

★合成界面活性剤のデメリット
一方、合成界面活性剤には肌トラブルの原因になる大きなデメリットがあります。

合成界面活性剤のデメリットは、次の4点が挙げられます。

・肌に残りやすい
・肌の中まで浸透する可能性がある
・分解されにくいため、洗浄力が長く続く
・分解されにくいため、環境に悪影響を与える

合成界面活性剤は、複雑な化学物質です。
そのため、肌に残留して洗顔後も肌への大きな刺激になるリスクが高まります。

さらに、皮脂と混ざり合って肌のバリア機能を低下させてしまう危険もあるんですよ。

合成界面活性剤入りの洗顔フォームが推奨されないのは、洗い残しや洗顔のし過ぎで肌にダメージを与えやすいからなのです。

★純せっけんのメリット
一方で、純せっけんは合成界面活性剤よりも肌に優しいと言われています。

それは、純せっけんに以下の5つのメリットがあるからです。

・水ですすぐと洗浄力がなくなるため肌に刺激が残らない
・肌に残っても分解される
・弱アルカリ性で古い角質や毛穴の汚れを取り除きやすい
・シンプルな原料でシンプルに作られるため安全性が高い
・分解されやすいので環境にも優しい

純せっけんは、なんと5000年も昔から使用されてきたと言われています。
歴史的に見ても、純せっけんは安全な洗浄剤なんですよ。

特に、水に薄まると洗浄力がなくなる点はとても重要です。
この特徴のおかげで、純せっけんは肌に負担になりにくいんですよ。

★純せっけんのデメリット
メリットだらけに見える純せっけんにも、いくつかデメリットがあります。

純せっけんのデメリットは、以下の4点です。

・弱アルカリ性で洗浄力が高い
・皮脂を取り除く力が強い
・泡立ちにくい
・せっけんカスが出やすい

純せっけんと聞くとマイルドな洗浄力とイメージする方も多いですよね。
しかし、実際のところは純せっけんの皮脂を取り除く力は結構高いのです。

そのため、使い方を間違えると皮脂を取り除きすぎて乾燥を悪化させたり、肌がヒリヒリするといったトラブルを起こすこともあります。

弱アルカリ性で角質や汚れ、皮脂を取り除くことに優れているということは、見方をかえればデメリットにもなってしまうんですね。

★界面活性剤は性質を知って正しく使うことが大切!

合成界面活性剤の中でも、最近では洗浄力がマイルドな商品も開発されています。

一方で、純せっけんも使用方法を間違えれば、肌を傷める原因になります。

大切なのは、合成界面活性剤と純せっけんの性質を理解して、正しく洗顔に利用することなんですよ。

特に、合成界面活性剤を利用するときは、洗い残しがないように注意してくださいね。

 純せっけん洗顔の正しい方法

純せっけんは肌に優しいというイメージとはうらはらに、強い洗浄力を持っています。

そのため、使用方法を間違えると必要な皮脂まで取り除いて肌トラブルを起こしてしまいます。

そこで今回は、純せっけんを用いた正しい洗顔方法についてお伝えします。

★純せっけんを正しく泡立てる方法
純せっけんで正しく洗顔するためには、正しく純せっけんを泡立てることが大切です。

泡立てずに使ったり、泡立てが不十分ですと、洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで取り除かれ、肌への刺激が大きくなってしまいます。

純せっけんの正しい泡立て方は以下の通りです。

1. 顔をぬるま湯ですすいで肌についたほこりなどの汚れを落とす
2. スカート型の泡立てネットを用意
3. 泡立てネットとせっけんを濡らす
4. ネットの水気を軽く切る
5. せっけんをネットの中に入れ、ネットの裾の部分にせっけんをこすりつける
6. せっけんをネットから出す
7. ネットを一度開き、上下を握って空気入れを押すようなイメージで上下に動かしてネットの中に空気を含ませる
8. ネットを揉むように動かして泡立てる
9. 泡立ちが悪いときは水を数敵加える
10. ネットを指で挟み、泡が崩れないように取る

だいたい泡立てにかける時間は1分程度を目安にするといいですよ。
泡をしっかり立てるコツは、空気を含ませながら泡立てることです。

★洗顔に正解の泡とは?
純せっけんを泡立てたら、泡が正解ラインに到達しているかチェックしてみましょう。

洗顔に正解の泡は、弾力がありモチモチした密度の高い泡です。
量は、片手にこんもりと山盛りのる程度が目安です。

よく両手にいっぱいのるほど泡立てる方を目にしますが、たくさん泡立てればよいというわけではないんですよ。

せっけんは洗顔フォームなどよりも泡立たちにくいので、何回か試してみて自分なりのコツを見つけてくださいね。

★純せっけんを使った正しい洗顔方法と手順
泡がしっかりできたら、いよいよ洗顔に入りましょう。

純せっけんの正しい洗顔方法と手順は、以下の通りです。

1. 皮脂が多いTゾーンに泡をのせて手が肌に触れないように注意しながら泡で小さな円を描くように洗う
2. 次に頬、顎、フェイスライン、生え際を同様に小さな円を描くように泡で優しく洗う
3. 目と口に泡をのせ、泡を滑らせるように2~3回手を動かす
4. ぬるめのお湯で優しく泡をすすぐ
5. 顔を包むようにタオルを当て、水分をとる

洗顔は優しくスピーディーに行い、1分以内に終わらせましょう。
また、泡で洗顔するときは、手の平ではなく、手の指の腹を使うようにしてくださいね。

コメントは受け付けていません。