秋こそ美肌に!「肌の冬じたく」のコツとは?

晩秋。吹く風も冷気を帯び、そろそろ本格的に冬じたくの始まる頃ですね。

こんな時、気をつけたいのは美肌のこと。実は、秋こそ美肌づくりの本格的シーズンなのです。

★10月は肌にとってこんな季節
●肌の「ゆらぎ」が起こりやすい時

10月は、夏の暑さが落ち着き、冷え込む時期のため、肌が不安定になりやすい時です。この状態の肌を「秋ゆらぎ肌」などと呼び、特にケアが必要です。

その理由は、以下の点からです。

・夏の間に受けた紫外線によるダメージ
夏は一年のうちで最も紫外線の多い季節です。

季節が秋に切り替わる頃には、夏の間に受けた紫外線によるダメージが肌の奥に蓄積し、「活性酸素」によりコラーゲンを作る細胞の破壊が起こり、ハリや瑞々しさを奪います。

・肌のバリア機能の低下
肌の「バリア機能」とは、皮膚が持っている「異物の侵入を防ぐ力」と「肌のうるおいを守る力」です。

夏から秋に変わる寒暖の差に肌が対応しきれず、肌が乾燥し水分が奪われると、バリア機能はうまく働かなくなり、カサツキやごわつきの原因になります。

★10月に行う「肌の冬じたく」とは?
①夏のダメージ回復

秋の肌にとってまず大事なのが、夏に肌が受けたダメージの回復です。
夏よりも一層乾燥に気をつけ、保湿を十分に行うことが肝要です。

②内側からも保湿を
秋の保湿で気を配るべきは、肌だけではありません。

秋は、季節の変わり目のため、短期間の間でも寒暖の差が激しく、室外だけではなく、室内でも冷暖房による乾燥が起こりがちです。

そこで、水分をこまめに摂り、体の中からも保湿を心がけましょう。

③紫外線対策
夏が終わったからと言って、紫外線対策を怠ってはいけません。

なんと10月の紫外線量は多くて真夏の70%ほどに及ぶ時もあるのです。

10月は行楽などで外へ出かける機会も多い月です。

日焼け止めを塗るなどし、しっかりと紫外線対策を取りましょう。

④「秋の夜長」に気をつけたい睡眠のこと

一年のうちでも、10月は夜の時間帯が長い月です。

そのため、読書やDVD鑑賞などを楽しむ機会も増えることでしょう。

しかし、夢中になり過ぎて、夜更かしをしてしまうと、肌にはあまり良くありません。

肌のうるおいを生み出す「ゴールデンタイム」と呼ばれている22時から2時の間には、質の良い睡眠を摂り、肌も体も健やかでいましょう。

⑤血行促進

肌細胞は、他のすべての細胞と同じように、血液によって栄養を巡らせ、老廃物を輩出します。

10月になり寒くなると、血管が収縮し血流が悪くなります。

それによって、肌細胞が新しい皮膚を生み出す機能や、うるおいを作る機能が低下し、結果、肌も乾燥したりダメージを受けてしまいがちになります。

したがって、肌をマッサージしたり、温めることによって血行を促進することによって機能の働きを促すことができます。

 季節に合ったファンデーション選びの基本

秋本番。保湿対策などのスキンケアは万全ですか?涼しくなるこの頃は、丹精込めて肌を作る・・・そんな言葉が良く似合う季節です。せっかくきれいに仕上げた肌だから、色んな人に見てもらいたいですよね。

さて今回は、ベースメークの要、「ファンデーション」について、季節に合った選び方をお話ししましょう。

★ファンデーションは何のために塗るのか?
ファンデーションは、肌の美しさを演出する以外にも、紫外線や乾燥の脅威から、肌を守る「洋服」の役割を果たします。

また、ファンデーションによって特徴もさまざまで、肌質や季節によってそれぞれの「得意分野」があります。

★ファンデーションの種類と特徴
今更という気もしますがあえて説明すると、一口にファンデーションと言っても、大きく分けて以下の種類があります。

・パウダーファンデーション・・・万能型。肌への負担が少なく、一年中使える。
・リキッドファンデーション・・・春夏/秋冬で分かれる。カバー力が高い。
・クリームファンデーション・・・秋冬向け。リキッドより油分が多い。しっとりしている。
・ルースファンデーション・・・万能型。パウダーより軽い。素肌を活かす。
・スティックファンデーション・・・秋冬向け。肌に直接塗る。厚塗りに注意。

この中から、いずれかを季節と肌に合わせて自分にぴったりなものを選びましょう。

★春夏用&秋冬用の違い?
同じタイプのファンデーションでも、春夏用と秋冬用では一体何が違うのでしょうか?
それぞれ、以下の特徴があります。

・春夏用・・・皮脂吸着剤が入っていて、汗に強くさらっとした使い心地。UVカット能力が高い。
・秋冬用・・・保湿成分が入っている。UVカット能力は控えめ。

上記を読んでお気づきになりましたでしょうか。春夏用と秋冬用は、真逆の性質を持っているのです。だからこそ、季節に合わせたファンデーション選びが重要になります。

★秋は夏と冬の中間の季節
秋は、涼しくなる一方、まだまだ紫外線の気になる季節です。ファンデーションは、UVカット効果が高いものを選ぶことを第一条件にしましょう。

また、一日のうちでも寒暖差と乾燥の激しい季節でもあるので、保湿成分が配合され、なおかつ重くなり過ぎないパウダーファンデーションなどは如何でしょうか。

もちろん、乾燥の気になる方は、リキッドやクリームファンデーションを使ってもOKです。

★その他の季節のファンデーション
〇春
春になって、暖かくなると花粉症も心配ですよね。パウダーファンデーションなら、花粉がつきにくく、メイクオフの時も楽です。まだ乾燥が気になる季節なので、保湿も忘れずに行って下さい。

〇夏
夏は、何よりも気を付けたいのが紫外線のダメージです。UVカット能力の高いファンデーションを最優先に考えましょう。皮脂や汗に強いリキッドファンデーションなら、化粧崩れも軽減出来ます。

〇冬
乾燥が大敵の冬は、保湿が最優先です。リキッドやクリームファンデーションなら、しっとりとして冬らしい肌に仕上がります。

秋本場の10月はレジャーや食事など、楽しいことがたくさんです。ファンデーションの力を借りて、素敵な肌でおでかけしましょう。

 顔の印象は目元から~アイケアの基本~

寝不足や仕事の残業などにより、顔の中でもあなたと共に日々働いている部分があります。それは目です。

疲れていると、目の下のクマや、目のかすみがサインとなって教えてくれるのですね。そんなサインを感じたら、十分なアイケアで目元を一休みさせてあげましょう。

★薄さ0.5mmの健康バロメーター
顔の皮膚の中で最も薄い部分が、目元の皮膚。その薄さはおよそ0.5㎜ほどです。
そのため、とてもデリケートです。目元の主なダメージとしては、クマ、くすみ、しわなどがあります。

また、目元を日々注意深く観察することによって、健康のバロメーターとしても活用できます。

★クマの種類と原因
クマの種類は、睡眠不足や血行不良が原因のものと、そうではないものがあります。クマは大きく以下の四種類に分類されます。

・青クマ・・・一般的なもの。主に睡眠不足や血行不良が原因
・黒クマ・・・たるみが原因。目の下に濃い影が出来る
・赤クマ・・・疲れ目が原因。静脈・動脈のうっ血
・茶クマ・・・色素沈着。紫外線、こすりすぎが原因

★クマの改善方法
①青クマには

良質の睡眠をとることはもちろん、血行促進するケアを重点的に行いましょう。
青クマの色は、「酸素を含まない青黒い血の色=血行不良」です。

そのため、蒸しタオルで目の周りを温めることと、目の周りを優しくマッサージすることによって改善されていきます。

また、肌荒れによって皮膚が薄くなっている時も、血管が青く透けて見えます。
その際は、保湿をしっかりと行い、肌を労わって下さい。

②黒クマには
黒クマの改善は、目元のみならず肌全体のコンディションを見直すきっかけにもなるでしょう。

何故なら黒クマの原因であるたるみは、肌の老化の一種であり、その改善方法は、老化防止や美肌作りの基礎となるものだからです。

ここでは、紫外線によるダメージにより減少したコラーゲンを補うことで黒クマの改善を図りましょう。アーモンドなどのビタミンEが豊富な食品を意識的に摂り、コラーゲンなどの保湿成分が入った化粧品を使用し、十分なケアを試みましょう。

③赤クマには
赤クマは疲れ目によるものがほとんどです。青クマ同様、蒸しタオルで温めたり、目の周りのマッサージをすることによって改善できます。

④茶クマには
茶クマのケアは「メラニン色素」がキーワードです。メラニン色素は紫外線によるダメージによって増加します。メラニン色素作り出すメラニンは通常、肌が日々生まれ変わることによって、老廃物として体外に排出されます。

しかし、そのサイクルに時間がかかってしまうと、メラニンが蓄積されメラニン色素により色がくすむという訳です。

肌サイクルを整えるためには、ビタミンC誘導体が入った化粧品を使うことが有効です。また、日頃からUVケアをしっかりと行い、紫外線をカットしましょう。

さて、クマ改善を中心としたアイケアをご紹介しましたが、如何でしたでしょうか。
明るい目元で、若々しい印象を保ちましょう。

コメントは受け付けていません。