美白に効くビタミンC誘導体

ビタミンCは、美白、抗酸化作用のある成分として知られています。

ですが、ビタミンCの成分そのものがとてもこわれやすく、不安定のため、化粧品に配合されていても、それを使ってビタミンCの効果が得にくいというデメリットがあります。

そこで、そのビタミンCの効果を損なわないように改良して、安定化させたものが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCを配合した化粧品は、この世の中にたくさんあります。

でも、果たしてそれを使ったからと言って、ビタミンCの効能とされる、美白や抗酸化作用が得られるわけではないことに注意です。

ビタミンCをそのまま塗ったとしても、成分がもろいので、ほとんど皮膚に浸透しないでいます。

そこで、ビタミンCを誘導体にします。

すると、皮膚への浸透力が高まります。

それだけではなく、皮膚に浸透してから、ビタミンCに変化する、という特徴があるのです。

これは最強です。

ビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性があり、さらに水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものがあります。

それぞれで違いがあります。

★水溶性ビタミンC誘導体

皮膚に吸収されやすく、化粧水や美容液に配合されています。

リン酸型ビタミンC、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがあります。

★脂溶性ビタミンC誘導体

ビタミンCは本来、水溶性です。

しかし、ビタミンCに油を結合させて、エマルジョン状態にしたのが脂溶性ビタミンC誘導体です。

水と油が合わさっていて、クリームなどに配合されています。

テトラヘキシルデカン酸アスコビル、ステアリン酸アスコビルなどがあります。

★水溶性と脂溶性の両方の性質を持つビタミンC誘導体

親水性と親油性があり、浸透力がさらに高まります。

アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がそれにあたります。

ビタミンC誘導体は、いろいろな美容効果があります。

抗酸化作用、ターンオーバーを高める作用、色素沈着を防ぐ作用、皮脂分泌のコントロール作用、お肌を滑らかにする作用など・・

ホント、たくさんの効果があります。それだけビタミンCがすごいということですね。

ビタミンCの効能を、そのままこわれないようにすると、こんなにすごい美容成分となるわけです。

ビタミンC誘導体のうち、分子が小さく、浸透しやすくしたタイプのものは、真皮でコラーゲン生成を促す効果があります。

しみやしわ、お肌のたるみなど、いろいろなトラブルに効果があるのです。

ビタミンC誘導体は、美容にいい成分です。

でも、どれだけ使っても大丈夫、使えば使うほど効果が高まる・・・というわけではありません。

使いすぎると、かえって肌トラブルを招いてしまいます。

皮脂のコントロールにはたらきかえるので、もともとお肌が乾燥している方は、皮脂の量が減って、お肌が乾燥してしまいます。

それがもとで、お肌がデリケートな状態になってしまうおそれがあります。

ビタミンC誘導体を使う時は、自分の肌タイプをしっかり把握し、適切なケアをしましょう。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は、もともと安定性がわるく、化粧品に配合しても効果を出しにくかったビタミンCを誘導体化することで、安定型に変えるためのものです。

誘導体にすると、皮膚に浸透しやすくなるので、ビタミンCに比べてこれもメリットです。

ビタミンCには、活性酸素をおさえる抗酸化作用、できてしまったメラニンを還元する作用、ターンオーバーを活性化する作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの産生アップなどの効果があります。

ビタミンC誘導体の効果① 美白

シミの原因であるメラニンの生成をおさえるはたらきと、できてしまったメラニンの色素沈着を防いでくれます。

ビタミンC誘導体の効果② 肌荒れ対策

吹き出物やニキビの肌荒れ予防にもなります。

ビタミンC誘導体の効果③ アンチエイジング

年齢を重ねることによる、しわやたるみなどのケアにも効果が期待できます。

抗酸化作用があります。お肌の中で過剰に分泌された活性酸素の量を減少させてくれるはたらきがあるのです。

ビタミンCには、水溶性と脂溶性があります。

水溶性は主に化粧水や美容液、脂溶性は乳液に使われています。

それぞれで性質が違うので、選ぶときには注意しましょう。

水溶性ビタミンC誘導体

★リン酸アスコルビルMgマグネシウム

粉末または顆粒になっています。

化粧水やパウダーのほか、クリームにも使われています。

安定的に配合できますが、濃度が高いと沈殿しやすくなります。

生体内にある「ホスファターゼ」という酵素を使って、ビタミンCへと転換されます。


★リン酸アスコルビン酸ナトリウム

リン酸アスコルビルMgマグネシウムよりも効果が低いと言われています。

しかし、濃度を濃くできるので、使いやすいということはあります。

脂溶性ビタミンC誘導体

★テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

VCIPと表記されることがあります。

クリームなどの油分を含む化粧品に配合されています。

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性の両方の性質を持つものもあります。

★アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸

APPS(アプレシエ)と呼ばれます。進化型ビタミンC誘導体です。

浸透力に優れています。

ビタミンC誘導体は、美白と抗酸化作用が高いですが、その効果の高さゆえに、使いすぎてしまうと、逆効果になってしまう恐れがあります。

ビタミンCには、皮脂分泌をコントロールする作用があります。

なので、乾燥肌の場合、さらにお肌が乾燥して、デリケートな状態になってしまうのです。

なので、ビタミンC誘導体の効果を使うときは、保湿成分と一緒に使うなどすることで、お肌の乾燥を防ぐことができます。

お肌の状態を見ながら、使うようにしましょう。

また、濃度が高いビタミンC誘導体は、そのぶん刺激も強いので、敏感肌の場合、高濃度のビタミンC誘導体を使う前には、パッチテストをするようにしましょう。

ビタミンC誘導体の選び方

ビタミンC誘導体には、水溶性と脂溶性、その両方の性質を持つものと、3種類があります。

どのビタミンC誘導体が配合されるかは、化粧品によって違います。

化粧水は水なので、水溶性のビタミンC誘導体が配合されていることが多いです。

ただ、必ずしも化粧水=水溶性ビタミンC誘導体と決まっているわけではありません。

両方が配合されているビタミンC誘導体の場合、即効性の高い水溶性ビタミンC誘導体の性質と、皮膚に長時間とどまってはたらきかけてくれる脂溶性ビタミンC誘導体の両方の効果が期待できることになります。

水溶性ビタミンC誘導体の中でも、高濃度で配合できるものは、濃度によって溶けにくくなるものなど、それぞれで特徴に違いがあります。

ビタミンC誘導体には、活性酸素の除去、メラニン色素の抑制作用など、いろいろな効果があります。

一緒に配合することで、その効果を相乗効果でさらに高めてくれます。

なので、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を選ぶときは、複数のビタミンC誘導体が一緒に配合されているものを選ぶのがおすすめです。

たとえば、美白効果をもたらしたいのなら、メラニン色素の抑制作用がある成分が配合されたものを選ぶと、ビタミンC誘導体の美白効果をさらに高めることができます。

ビタミンC誘導体と一緒に配合されていることが多いん美容成分をまとめてみました。お悩みごとに、美容成分を組み合わせて考えるといいですよ。

★メラニンをつくるという情報の伝達を抑制する

カモミラET、トラネキサム酸など。メラノサイトが活性化する情報伝達を抑制してくれます。

★チロシナーゼの活性を阻害する

コウジ酸、エラグ酸など。酵素チロシナーゼの活性を阻害することで、メラニンの生成をおさえてくれます。

★メラニン生成をおさえる

アルブチン、イソフラボンなど。メラニン生成を抑えてくれます。

★抗酸化作用

ビタミンE、アスタキサンチン、レスベラトール、フラーレンなど。

ビタミンC誘導体の抗酸化作用を補って、より効果を高めてくれます。

★活性酸素除去

甘草エキス、ローズマリーエキス、ユキノシタエキスなど。

活性酸素を除去することで、メラニンの生成がおさえられます。

ビタミンC誘導体にもこの作用があるのですが、組み合わせて使うと、さらに効果が高まります。

ビタミンC誘導体の化粧品を選ぶときは、つい濃度で選んでしまいがちです。

「高濃度に配合!」などと書かれていると、それだけで飛びついてしまいたくなりますよね。

でも、一番大事なのは、自分のお肌にとって何が一番必要か、ということを考えて、それに適するビタミンC誘導体を選び、さらに相乗効果をもたらしてくれる美容成分が一緒に配合されているものを選ぶことです。

自分のお肌にぴったり合う化粧品を使えば、それだけ効果も出しやすくなりますよ!

コメントは受け付けていません。