美肌作りのために知っておきたい肌の3つの構造と役割

肌は目に見えている部分だけではありません。
目に見えている部分は肌のほんの一部であり、本当に重要な部分は肌の下にあるんですよ。

アンチエイジングや美肌を保つためには、肌の構造をしっかりと理解することも大切です。

そこで今回は、肌の構造と役割についてお伝えします。

★肌は大きく3つの構造に分かれている
肌は大きく3つの構造に分かれています。

肌の表面に近い方から順番に、
・表皮
・真皮
・皮下組織

となっています。

これら3つの構造を持つことで、肌は外の環境から体の中をしっかりと守っているんですよ。
また、それぞれの構造がしっかりと自分の役割を果たすことで、肌はふんわりとした美しさを維持することができるのです。

★3つの構造の役割と特徴
それでは、「表皮」「真皮」「皮下組織」はそれぞれどのような役割や特徴を持っているのでしょうか?

・表皮は肌のバリア担当

表皮は、わずか0.2mm程度しかない薄い構造ですが、肌を外敵や環境の変化から守るためにとても重要な役割を果たしています。

表皮では、肌の生まれ変わりが行われ、その最前線に角質細胞が積み重なった角層があります。
角層は、肌の水分を閉じ込めたり、外の刺激から肌の内部を守っています。

さらに、表皮には、免疫細胞やメラニン色素を作るメラノサイトも存在し、あらゆる攻撃から肌の内部を守っているんですよ。

・真皮は肌の心臓部分
表皮の下にあるのが、真皮です。
真皮は肌の心臓部分であり、肌を健康に保つためには欠かせない構造です。

真皮では、コラーゲンやエラスチンなどで網目状のネットワークが張り巡らされており、その隙間をヒアルロン酸で埋められています。
このコラーゲンネットのおかげで肌は柔らかい弾力を持つことができるんですよ。

また、真皮には毛細血管や神経も通っています。
神経は、温度や痛みなどを感じとる肌のセンサーとして働き、毛細血管はターンオーバーを行っている表皮に栄養と酸素を送ります。

真皮が元気でなければ、肌はどんどん衰えてしまうんですよ。

・皮下組織は縁の下の力持ち
皮下組織は、その名の通り、表皮と真皮を下から支えている縁の下の力持ちです。

脂肪をたくさん持った組織でクッションとして働いて、血管や神経を守ってくれているんですよ。

また、断熱材としても働き、体温の保持にも重要な役割を果たしています。

★角層ケアだけがスキンケアではない!
肌の仕組みを知ると、角層がほんの一部であることが分かりますよね。
その下には、真皮や皮下組織など肌の健康を維持するのに重要な構造があります。

美肌を維持するためには、角層だけではなく、真皮など肌の心臓部分のケアもとても大切なんですよ。

 今さら聞けない!ターンオーバーの基礎知識

スキンケアをするときによく耳にするのが、ターンオーバーという言葉です。
あなたはターンオーバーがどういう意味か知っていますか?

実は、ターンオーバーについて勘違いしている人もたくさんいるんですよ。

そこで今回は、今さら人に聞けないターンオーバーの仕組みや日数、ケアのポイントなど基礎知識についてお伝えします。

★表皮の構造
ターンオーバーが行われているのは、肌の表皮という部分です。
そのため、ターンオーバーについて理解するためには、表皮の構造や特徴を知ることが大切です。

表皮は、0.2mmの厚さで、肌の表面から順番に、以下の4つの層が積み重なっています。
・角層
・顆粒層(かりゅうそう)
・有棘層(ゆうきょくそう)
・基底層(きていそう)

角層は、平たいオブラート状の死んだ角質細胞からできており、14~20層ほどの角質細胞が0.02mmほどの厚さで重なって、肌全体を覆い、保護しています。

その下の顆粒層と有棘層は、成長期の層とも言われ、細胞が成長段階にあります。

表皮の一番下には、新しい細胞を生み出す細胞の生産工場である基底層が位置しています。

★ターンオーバーってなに?
ターンオーバーは、表皮で行われている細胞の生まれ変わりのことを指します。

つまり、ターンオーバーが上手くいかないというのは、細胞の生まれ変わりが上手くできなくなるという意味です。

また、ターンオーバーが乱れるというのは、細胞の生まれ変わりが早くなったり遅くなったりして、正常に新しい細胞が作れなくなっている状態のことなんですよ。

新しい細胞が作れなくなると、肌もトラブルを起こしてしまいますよね。

★ターンオーバーのしくみ
ターンオーバーは、表皮の最下層である基底層から始まります。

基底層では、基底細胞という細胞がどんどん作られます。
基底層で作られた基底細胞は、有棘細胞や顆粒細胞に変化しながら上へ上へと押し上げられていきます。

有棘層と顆粒層が成長期の層と言われるのは、細胞が成長する重要な過程だからなんですよ。

細胞が角層までくると、細胞は核を失って死に、角質細胞になります。
角質細胞は20層ほど積み重なっており、皮膚の一番外側にくると剥がれ落ちるんですよ。

この一連の流れがターンオーバーなのです。

★ターンオーバーにかかる日数
ターンオーバーにかかる理想的な日数は28日です。

基底層で細胞が生まれて、成長期を通り、角層の下まで辿りつくのが約14日間かかります。
そして、角質細胞になって剥がれ落ちるまでにさらに約14日間かかります。

しかし、残念なことにターンオーバーの日数は加齢とともに増えてしまいます。

30代では40日、40代では45日にも伸びると言われているんですよ。
ターンオーバーの日数が伸びて、遅くなるということは、いつまでも古い細胞が肌に留まってしまうということです。

年をとると肌がごわついたりくすんだりするのは、ターンオーバーの遅さが原因なんですね。

★ターンオーバーは遅くても早くてもダメ!
だからといってターンオーバーは早くなりすぎてもダメなんですよ。

ターンオーバーが早くなりすぎると、成長しきれていない未熟な細胞が肌の表面に現れてしまいます。

すると、肌を乾燥や外敵からしっかり守れなくなり、敏感肌になってしまうのです。

ターンオーバーは、遅くても早くてもダメなんですよ。

コメントは受け付けていません。