骨粗しょう症は若くてもリスクあり!!

骨粗鬆症の患者は日本で1000万人いると言われ、主に女性がかかる病気として知られています。

そして女性の中でも、高齢女性がかかりやすい病気だと言われていますよね。

しかし、若い女性でも骨密度が高い方だと、リスクがあります。

骨粗しょう症は、骨量が減って、もろくなる状態のことで、少しの刺激で痛みや骨折を引き起こします。

骨量が低下する原因として、加齢があります。

また、運動不足や喫煙、過度のアルコール摂取やストレス、食事の方より、女性ホルモンのエストロゲンの減少があります。

骨粗しょう症患者の中で一番多い層は、60代以上の女性です。

でも、若い女性でも安心できません。

「骨粗しょう症予備軍」という、骨粗しょう症の危険度の高い女性も多いと言われているからです。

ある研究結果によると、20歳前後の女性の6人に1人は骨密度が低く、50代並みだという結果が出ています。

骨密度が低い人が増えており、骨粗しょう症予備軍が、低年齢層にも広がっているようです。

どうして、若いうちからそんなに骨密度が低下してしまうのでしょうか。

それには、現代人ならではの生活習慣が関係しているようです。

骨密度低下の要因として、若い女性の睡眠不足、運動不足、ストレスなどの生活習慣、お菓子やファストフード、インスタント食品の食べすぎ、野菜不足、やせすぎなどが挙げられます。

若い人達に広がる偏食や運動不足は心配な要因です。

通常、10代は骨をどんどん作っていく時期ですよね。

20代~40代は、一生のうち、骨量が一番多くなる時期です。

それを減らさないように維持していかないといけません。

その時期に、骨に必要なカルシウム摂取が不足していたり、極端なダイエットでホルモンバランスを崩していると、若くても骨粗しょう症予備軍になってしまうかもしれないのです。

将来、高齢になった時に、骨粗しょう症を発症してしまうリスクを減らすためには、若いうちから骨量をできるだけ多く貯えておかないといけません。

とくに、18歳未満でダイエットをしていると、閉経後に骨量が得に低くなることが分かっています。

一般的に、若いころに、骨量は最大になります。

これを最大骨量(ピークボーンマス)と言います。

加齢とともに骨量は減りますが、最大骨量が多いほど、骨粗しょう症になりにくいと言われています。

今のうちから、骨量を蓄えておいて、将来に備えておきたいですね。

また、若いうちでないと備えられないという見方もできます。

高齢になってから骨量を増やそうと、カルシウムを摂取しても、体に吸収されずにそのまま排出されてしまうと言われています。

若い時でないと、せっかく摂取した栄養を体内に取り込むことはできないのです。

ですから、「まだ骨粗しょう症対策なんて必要ないな」という今こそ、骨粗しょう症への備えを始めておくべきなのです。

ここまで説明してきましたが、骨粗しょうなんてスキンケア(美肌)に関係ないでしょ??って思うかもしれません。

ですが、骨粗しょう症予防は、実は美容にも大いに関係してくるので、若いうちから骨粗しょう症予防をしておくメリットは大いにあります。

年を取ってから困らないように・・というより、今の美容に役立つということですから、骨粗しょう症予防をおろそかにしないでしっかりとやっていきましょう。

骨粗しょう症予防に効く栄養素

高齢の女性がかかりやすい病気のナンバーワンが骨粗しょう症。

原因は骨密度の低下で、これは若いうちにどれだけ骨密度を増やすための栄養を摂取して、ため込んでおけるかかかっています。

「まだ若いから骨粗しょう症なんて大丈夫」なんて思わないで。

高齢になってから、慌てて骨密度を増やそうと思っても、摂った栄養は体に吸収されずに排出されています。

栄養を吸収できる若いうちにこそ、対策を取っておかないといけないのです。

骨粗しょう症を予防する栄養素をきちんと取るために大切なのが、食生活です。

食生活が乱れていると、骨を形成するカルシウムが不足して、骨量が減ってしまいます。

またそれ以外にも、骨密度にかかわる栄養素、成分がありますから、これらをバランスよく摂取することが大切です。

骨をゲンキにする栄養素についてご紹介します。


★カルシウム

まずはこれ。1日に必要なカルシウム量は600㎎と言われています。

しかし現代の日本人にはやや足りないとも言えます。

そこで、骨粗しょう症の治療ガイドラインでは、1日800㎎の軽いカルシウム摂取を推奨しています。

カルシウムが豊富な食品は小魚、緑黄色野菜、海藻、大豆と大豆加工品、乳製品などですから、これらの食材を積極的に献立に取り入れたいです。

カルシウムの摂取量が減ると、骨粗しょう症の発症リスクが高まるのはもちろんですが、それ以外にも健康リスクが出てきます。

例えば、血液中のカルシウム不足は、副甲状腺ホルモンを分泌させます。

そして骨からカルシウムを溶かして補おうとしてしまうのです。

このときに、血液以外の細胞内にも、余分にカルシウムを取り込むので、体内のカルシウム濃度バランスが偏ってしまいます。

これが高血圧など、さまざまな生活習慣病の原因になってしまうのです。

★ビタミンD

カルシウム摂取の月に必要なのがこれです。

ビタミンDは、体内でのカルシウム吸収を助けるからです。

ビタミンDは白きくらげ、サケ、サンマ、イワシ、干しシイタケなどに豊富に含まれています。

サケやサンマ、イワシを食べれば、カルシウムとビタミンDの両方を摂ることができるのでありがたいですね。

日光に当たると、コレステロールを材料にして、体内でカルシウム合成してくれます。

屋外で日光浴することも、カルシウム摂取には良いのです。

ただしこの季節、紫外線が強いので、適度なUVカットは忘れないようにしましょう。

★コラーゲン

コラーゲンは骨を形成するたんぱく質の1つですから、これも必要。

コラーゲン繊維は骨と骨の間をつなぐ軟骨にも多く含まれています。

クッションとして働いています。

年配の方で、関節痛を抱えている、という方は多いです。

これは骨粗しょう症の他に、コラーゲン繊維が弱ってしまって、クッションの役割を果たせていないからです。

ダイレクトに関節の刺激が骨に伝わって、痛みを引き起こしている状態です。

コラーゲンは鶏肉の手羽先、カレイ、ふかひれに豊富に含まれています。

コメントは受け付けていません。